1. ホーム
  2.  > エポキシ系
  3.  > コニシ株式会社
  4.  > ボンド E70 1.7kgセット
  1. ホーム  >  種類で探す  >  エポキシ系
  2.  > ボンド E70 1.7kgセット

ボンド E70 1.7kgセット

販売価格 5,774円(税428円)
購入数
  • ↑
  • ↓
セット

※複数商品をご注文の場合ショッピングカート表示の送料と実際に請求される送料の金額が異なる場合がありますのでご注意ください。
参考送料一覧はこちら。

詳細テクニカルデータ
商品名 ボンドE70
メーカー コニシ株式会社
特長
  • 硬化した樹脂は無色かつクリヤーで、光学的特性に優れています。
  • 無溶剤の反応型で、硬化に際し収縮がほとんどありませんので注型が可能です。
  • 接着性及び耐水性に優れています。
用途

低粘度かつ光学的透明性に優れた常温硬化型エポキシ樹脂です。
透明性を要求される注型物の作成や厚塗りコーティングなどの用途に最適です。

性状 エポキシ樹脂系
仕様 NET.1.7kgセット
発送 2〜3営業日後
使用法
  1. 注型、接着あるいはコーティングにあたっては、基材の前処理(脱脂、サンディングなど)や、必要な準備を行ってください。
  2. てきとうな混合容器に主剤、硬化剤を正確な比率で必要量計り取ってください。
  3. ステンレスあるいはポリ製のへらや棒で丁寧に混合して下さい。容器の壁や底も攪拌不足や未混合部が残らないよう注意してください。
  4. 可使時間内に使い切るよう配慮して、各用法に用います。必要により、ドライヤーなどの温風を当て脱泡します。
  5. その後も、初期硬化にいたるまで静止を保ち、さらに実用強度にいたるのをまって供用します。

    ※冬場は硬化が遅れますのでなるべく暖かい環境でお使い下さい。常温時でも早い硬化を望む場合は50〜60℃を限度として1〜2時間加温してください。
    ※雨天など、多湿時には表面ることがあります。また、夏場のエアコン下でも同様の現象が起こることがあります。このような時は、周りの雰囲気から遮断するよう密閉ボックス内でようじょうするか、乾燥加温雰囲気をこしらえて下さい。樹脂の可使時間範囲内での熟成や初期のドライヤー加温も効果あります。
樹脂の性状
項 目
単位または条件
ボンド E70
主 剤
硬化剤
主成分
--
エポキシ樹脂
変成脂環式ポリアミン
外 観
極淡黄色透明液
極淡黄褐色透明液
粘 度
cps/25℃
1600±500
300±100
比 重
20℃
1.84
混合物 1.09
1.01
混合比
重量比
100
70
可使時間
100g 20℃
35〜40分
初期硬化時間
20℃
初期硬化 約6h  初期実用 約12〜14h
標準硬化時間
20℃

実用硬化 1日  完全硬化7日

温 度

粘度の関係 測定例(BM型、12rpm)

温 度
5℃
10℃
15℃
20℃
25℃
30℃
40℃
50℃
主 剤
17000
8000
4500
2300
1500
900
400
200
硬化剤
1800
1200
700
450
300
210
110
60
混合物
6000
3100
1900
1000
600
450
220
110

〔単位:cps〕


物 性
項 目
試験法
単 位
測定値例
圧縮降伏強度
JIS K6911
kg/c
578
圧縮弾性率
JIS K7028
kg/c
1.38×10
引張強度
JIS K7113
kg/c
433
曲げ強度
JIS K7203 
kg/c
549
ショアーD硬度
JIS K7215
HD D
82-80
硬化物比重
JIS K7112
1.15
吸水率(7日浸漬)
JIS K6911
%
0.53
接着性能
接着強さ種類
単位
1日目
7日目
引張せん断接着強さ
kg/c
64
152
曲げ接着強さ
kg
― 
59

※鋼S55C同士、サンドブラスト研磨、20℃雰囲気。



経時変化
単位
1日
2日
3日
7日
ショアーD硬度
HD D
70-55
80-75
80-78
82-80

※JISK7215 20℃硬化



耐薬品性
薬 品
5%HCl
5%H2SO4
5%NaOH
重量変化率(%)
0.53
0.85
1.58
0.60

※JIS K 6911  20℃7日浸漬


耐候性
屋外15日
屋外30日
WOメーター200h
注型物 5mm厚
カスカ黄
僅か黄
やや黄褐色
写真上コート 1mm厚
カスカ黄

※写真上コートの場合、写真そのものが先に変色します。

種類・用途

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る